住宅センター日記

  • 平成28年度 建築・まち・環境フォーラム

    総務課
    平成28年11月30日(水) 平成28年度建築・まち・環境フォーラムを開催いたしました。

    今回のフォーラムは、「復興後の人口減少時代を見通した、暮らし、住まいを考える」と題して、仙台メディアテーク7階スタジオシアターで開催いたしました。

    フォーラムは2部構成で、
    第1部 基調講演 「三陸の復興とこれからの社会デザイン」 をテーマに哲学者/元立教大学大学院教授 内山 節氏による”復興とは何か、関係の復興、関係の想像という視点から”など講演頂きました。

    第2部 パネルディズカッションは、「地域の家づくり、担い手に求められること」をテーマに、小野寺邦夫氏(丸平木材株式会社 代表取締役)をはじめ、手島浩之氏(有限会社都市建築設計集団 代表)、日野節夫氏(石巻地元工務店協同組合理事長)、厳 爽氏(宮城学院女子大学生活科学部生活文化デザイン学科 教授)、コーディネーターは当センター顧問三部佳英により、”住宅の復興における取り組み、地域の暮らしの展望、人材育成、連携への取り組み”について議論されました。












    ※フォーラムの内容については、こちらのPDFファイル(4.3MB)をご覧ください。
    徒然日記 | 2016.12.05 09:27
  • 建築・まち・環境フォーラム

    総務課
    平成27年12月10日(木) 平成27年度建築・まち・環境フォーラムを開催いたしました。

    今回のフォーラムは、仙台市地下鉄東西線の開業に併せて、「東日本大震災からの復興や人口減少等の縮小時代における地方中核都市仙台のまちづくり -都市、交通、建築から考える-」と題して、仙台メディアテーク7階スタジオシアターで開催いたしました。

    フォーラムは2部構成で、
    第1部 基調講演 「仙台の都市形成と課題、これから目指すべきコンパクトシティとは」 をテーマに東北大学大学院工学研究科 准教授/博士(工学) 姥浦 道生氏に講演頂きました。

    第2部 パネルディズカッションは、「仙台市地下鉄東西線の活用、駅周辺のまちづくりから考える仙台の未来」をテーマに、荒木秀一氏(仙台市都市整備局計画部 部長)をはじめ、大河伸章氏(株式会社昴設計 設計部長)、菊池輝氏(東北工業大学工学部都市マネジメント学科 教授)、榊原進氏(NPO法人都市デザインワークス 代表理事)、間庭洋氏(仙台商工会議所 専務理事)、コーディネーターは当センター顧問三部佳英により、今後の仙台のあり方などについて議論されました。



    徒然日記 | 2015.12.18 13:22
  • 建築・まち・環境フォーラム

    総務課
    平成26年11月13日(木) 平成26年度 建築・まち・環境フォーラムを開催いたしました。

    今回のフォーラムは、「被災地における地域コミュニティの再構築について」と題して開催しました。

    フォーラムは2部構成で
    第1部 基調講演 「被災地におけるコミュティ形成のあり方を考える地域と行政の接点から」をテーマに、東北大学大学院情報科学研究科准教授 河村 和徳氏にご講演いただきました。

    第2部 パネルディスカッション 「被災地におけるコミュニティ形成の支援 課題と展望」をテーマに、飯塚 正広氏(あすと長町仮設住宅 自治会長)、石塚直樹氏(特定非営利活動法人せんだい・みやぎNPOセンターみやぎ連携復興センター 事務局長)、助川譲氏(UR都市再生機構宮城・福島震災復興支援本部)、本間照雄氏(宮城県社会福祉協議会 復興支援アドバイザー)、安田直民氏(有限会社SOYsource建築設計事務所共同主宰)、コーディネーター当センター顧問三部佳英により、被災者の生活支援のあり方や、災害復興住宅の課題、などについてパネルディスカッションを行いました。


    徒然日記 | 2014.11.20 13:06
  • 平成25年 建築・まち・環境フォーラムについて

    総務課
    平成25年10月21日(月) 平成25年度建築・まち・環境フォーラムを開催いたしました。

    今回のフォーラムは、震災発生から2年半が、「東日本大震災からの復興をめざして」と題しまして開催いたしました。

    フォーラムは2部構成で、
    第1部 基調講演 「あの日を忘れず ともに未来へ」 東松島一心 をテーマに、東松島市長の阿部秀保氏にご講演頂きました。

    第2部 パネルディスカッション「暮らし、なりわい、まちづくりの一体復興に取り組むこととは」をテーマに、山下祐介氏(首都大学東京准教授)をはじめ、石森さと子氏((株)サンエイト構成員)、荻野繁樹氏(七ヶ浜町震災復興推進課長)、小野勝見氏(奥松島体験ネットワーク会長)、手島浩之氏((有)都市建築設計集団/UAPP代表)、中川勝義氏(岩沼市相野釜町内会長)で、被災地の復興状況及び取組などの紹介を基に、震災復興に向けてのパネルディスカッションを行いました。

    今年もたくさんの方々に参加頂き有り難うございました。

    阿部秀保東松島市長







    パネルディスカッション
    徒然日記 | 2013.10.23 10:30
  • 建築・まち・環境フォーラム

    総務課
    平成24年10月10日(水)平成24年度の建築・まち・環境フォーラムを開催いたしました。

    今回のフォーラムは、東日本大震災から1年半が過ぎ、「暮らしの復興の基本となる、住まいやまちづくり、コミュニティの再生」と題しまして開催いたしました。

    フォーラムは、二部構成で、
    第1部 基調講演は、「まちと暮らしの再生のあり方 福島や宮城の状況について」をテーマに、 鈴木 浩氏(福島大学名誉教授)

    第2部 パネルディスカッションは、「復興まちづくり、住宅再建、コミュニティを考える」をテーマに、福屋粧子氏(岩沼玉浦西地区まちづくり検討委員会副委員長)をはじめ、齋藤隆氏(新潟県長岡市 前山古志支所長)及び大町辰朗氏(長崎県島原市 ?昭和技建工業代表取締役)他により、中越地震、雲仙普賢岳の被災からの復興の事例の他、玉浦西地区のまちづくり検討委員会の事例について行いました。


    今年もたくさんの方々に参加いただき有り難うございました。
    徒然日記 | 2012.10.11 10:38