建築確認・検査

申し込み前の注意点

確認申請を申し込まれる方へ!!

確認を申し込まれる方は以下の項目をよくお読みください。

1 敷地が建築基準法第42条第2項に規定する道路に接している場合は、特定行政庁または、市町村建築確認担当窓口で道路の状況を確認して下さい。さらに現地調査票の相談、打合せ等の欄に年月日、市町村、担当課、担当者職氏名及び確認等の結果を記入して下さい。

2 市街化調整区域内の建築行為については、特定行政庁開発担当課より適合していることを証する書面をもらい建築基準法施行規則第1条により確認申請書に添付して下さい。

3 都市計画地域内において敷地と接道する道路との間に水路がある場合は、新築、増築等を問わず特定行政庁の許可を受けて下さい。(仙台市以外の区域は、幅員が1.0m以上の水路がある場合)

4 仙台市内の宅地造成等規制区域内において切土、盛土等の造成工事を行う場合は仙台市の建築確認又は開発行為担当窓口で相談して下さい。さらに、現地調査票の相談、打合せ等の欄に年月日、市町村、担当課、担当者職氏名及び確認等の結果を記入して下さい。

5 仙台市建築行為等に係る後退用地等に関する要領、仙台市私道取扱い指針等で建築行為に対しての手続きが必要な場合は、仙台市の建築担当窓口で手続きを行い、一切の手続きを完了して下さい。さらに、現地調査票の相談、打合せ等の欄に手続き等の内容、完了した旨を記入して下さい。

申込の前に、上記項目の確認をお願いします。
これに抵触された場合、確認の契約をお断りすることもあります。