住宅性能評価業務

業務案内

住宅性能表示制度とは

平成12年4月から「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行されました。「住宅性能表示制度」は安全で快適な住宅を建設するために、また一般消費者が住宅を建設・購入するときに、住宅を相互に比較検討して選択できるように、一定の住宅建設の基準(ルール)を設けたものです。

住宅性能表示基準(ルール)とは次の《10分野・32事項(新築住宅)》

①構造の安全に関すること
1-1〜1-7 耐震、耐風、耐積雪等級等

②火災時の安全に関すること
2-1〜2-7 感知警報装置設置、脱出対策、耐火等級等

③劣化の軽減に関すること
3-1 劣化対策等級(構造躯体等)

④維持管理・更新への配慮に関すること
4-1〜4-4 維持管理対策、更新等級(専用、共用配管)

⑤温熱環境に関すること
5-1 省エネルギー対策等級

⑥空気環境に関すること
6-1〜6-3 ホルムアルデヒド対策、換気対策等

⑦光・視環境に関すること
7-1〜7-2 単純開口率、方位別開口比

⑧音環境に関すること(選択項目)
8-1〜8-4 重量・軽量床衝撃音対策、透過損失等級等

⑨高齢者等への配慮に関すること
9-1〜9-2 高齢者等配慮対策等級(専用、共用部分)

⑩防犯に関すること
10-1 開口部の侵入防止対策

住宅性能評価業務の概要

申請に基づき、国が定めた技術基準に従ってあなたの住宅の性能評価を行い、その結果を住宅性能評価書

として交付します。また、評価書には、設計段階である「設計住宅性能評価書」と、施工・完成段階の
現場検査を経た「建設住宅性能評価書」があり、それぞれ住宅品質確保法で定めるマークが表示された
住宅性能評価書を交付します。
住宅性能表示制度による評価の流れ

住宅性能表示制度による評価の流れ

  • 業務区域:宮城県全域
  • 業務の範囲:「設計住宅性能評価」及び「建設住宅性能評価(新築工事)」
  • 対象住宅:一戸建ての住宅、共同住宅(新築住宅のみ取り扱います)
  • 東北地方整備局登録性能評価員 25名(専任の管理者:建築確認部長 原崎 誠) 

各種ダウンロード

  • 業務規定
  • 性能評価の流れについて
  • 申請方法
  • 申請様式集改訂版(軸組H22版)
  • 施行状況報告書(軸組H22版)
  • 設計内容説明書(軸組H22版)
  • 申請様式集改訂版(枠組H22版)
  • 施行状況報告書(枠組H22版)
  • 設計内容説明書(枠組H22版)

ダウンロードセンターへ