資金調達

POINT!

こつこつ貯めるだけでなく、両親から相続時精算課税制度、祖父母から住宅取得資金に関わる贈与制度を活用すると4,000万円※まで非課税にすることができます。

※その贈与を受けた年が平成24年の場合、一般住宅では3,500万円までで、一定の要件を満たす住宅(省エネ及び耐震性能の優れた住宅)は4,000万円となります。(詳しくは、税務署等に確認して下さい。)

ADVICE!

贈与税に関する制度を使う方法があります。また、親と共有名義にすれば税金の問題は解決します。親からの借金でも、返済の事実があれば借入金として認められます。詳しくは、税理士に相談するのがいいでしょう。

また、今回の東北地方太平洋沖地震では、宮城県全域に対し「被災者生活再建支援法」が適応されます。全壊家屋を再建する場合には最大300万円まで支給されます。詳細につきましては、各市区町村にお問い合わせください。

前へ 次へ