相談、注文先を決める

POINT!

 注文先は、将来のメンテナンスや増改築のことまで考えて決定する必要があります。住宅を建てる場合に、相談したり、建築を注文する相手先には、「工務店」「建築家・設計事務所」「ハウスメーカー」がありますが、それぞれに特徴があります。その特徴をよく理解して、自分の建てる家にマッチした注文先を選択しましょう。

ADVICE!

請負契約にあたっては、設計図及び見積書の内容をよく確認して契約することが大切です。たとえば、設計図の枚数についても建て主が素人だからと数枚の設計図だけでは後々トラブルが発生した際に困ります。また、見積書についても同様で内訳明細書まで提出を求め別途工事など、設計図と併せてチェックすることが必要です。

  

ATTENTION!

通常住宅建築時には工事監理者がいますが、第三者の工事監理者を依頼する方法もあります。住宅の施工過程では、設計図の通り施行されているかどうか、また、法令や施行方法に基づいているかどうかなどを建て主の代わりに、チェックしてもらうことが出来ます。              

前へ 次へ