建物配置の考え方

POINT!

家族の希望をもとに、敷地の条件と家の規模を整理、ゾーニングをして間取りを具現化します。

ADVICE!

家族の意見をまとめるで明らかになった家族一人ひとりの希望をもとに、建物配置や間取りの構成を整理します。

まず敷地の中で、道路や隣家との関係から、玄関の方向や家の向きを検討します。その時に、敷地に対するおおまかな家の規模を一緒に考えて、家の向きに応じて、家、庭、駐車場等の組み合わせを検討して各部屋を配置してみます。

玄関の位置は、北玄関より南玄関の方が雪が溶けやすいことや、南向きの建物は冬でも日当りはよくなりますが、北側に玄関がある場合は冬に日が当たらず凍結の心配があるなど、日照や風向き、冬場の気象条件などを十分に考えておくのがよいでしょう。

  
前へ 次へ