自然災害に備えて

POINT!

自然災害に備え「ハザードマップ」や「土地条件調査の土地条件図」で、地震・津波・洪水・地滑りなどの危険性をチェックしましょう。

ADVICE!

東日本大震災で各市区町村のハザードマップの見直しが行われると思います。後の世代のためにも災害に対した情報を自己責任で入手し、納得のいく土地探しをすることをお進めします。

一般的には、丘陵地には安定した造成地が供給される傾向がありますが、盛り土宅地には注意が必要で、今回の震災、その余震で地滑りが起きている箇所があります。このような場所を調べるには、土地条件調査の土地条件図を閲覧するか、ボーリング調査による確認が必要となります。

前へ 次へ