建ぺい率と容積率

POINT!

家は土地面積に対して建てられる規模が法律で決められています。
敷地面積×建ぺい率 = 建築面積の上限
敷地面積×容 積 率 = 延床面積の上限

ADVICE!

家の面積には、建築面積と延床面積の2種類の面積があります。建築面積とは、建物を建てるための面積で、通常は1階の面積になります。延床面積とは、建物のすべての階の床の面積の合計になります。各敷地には、用途地域によって建ぺい率と容積率が法律で決められているので、これを超えての建築は違法建築物となります。
 

敷地が決まったら、そこに建てられる建築面積と延床面積を確認してみます。逆に、坪単価から予算で建てられる延床面積を出してみて、容積率で割り算すると必要な敷地面積が出ますので、土地代と合わせた予算の検討が行えます。

説明図
前へ 次へ