安定した土地を探す

POINT!

災害に強い土地を探すには、国土地理院「土地条件調査の土地条件図」を確認しましょう。

土地条件図

ADVICE!

災害に強い土地を探すために、国土地理院が発行している「土地条件調査の土地条件図」の閲覧をお進めします。取得しようとしている土地の成り立ちが確認でき、災害時の危険要因をある程度予測できるのが利点です。一般的には、「台地・段丘」地形の「高位面から下位面」の地盤評価が高くなっています。地盤の安定した高台に家を持つことが災害から身を守る第1歩にもなります。
 

また、仙台市周辺の造成宅地地盤図などによる丘陵地の状況は仙台市民図書館などで閲覧が可能です。土地も、大きな買い物です。見えてないからこそ事前に地盤調査会社などに調査を依頼し調査することをおすすめします。

ATTENTION!

 1978年の宮城県沖地震そして2011年の東日本大震災では、丘陵地の大規模造成地で、谷埋め盛土の被害があったなどから、造成地の歴史などを調べる事も参考になります。

 沿岸部や平野部では、過去に「沼・湿地」「水田」「埋立地」などだったかを調べましょう。液状化の心配があります。

前へ 次へ