構造計算適合性判定業務

構造計算適合性判定業務のお知らせ

構造計算適合性判定業務

制度の概要

建築物の安全性の確保を図るための建築基準法等の一部を改正する法律の施行に基づき平成19年6月より一定規模以上の建築物について、国土交通省又は県知事が指定した指定構造計算適合性判定機関による構造計算適合性判定を受けることが義務付けられました。

業務案内

業務の概要

当センターは、平成19年6月に指定構造計算適合性判定機関として宮城県より指定を受け、建築物の構造安全性を確保し建築物に対する県民の信頼性の確保に努めています。 業務内容は、建築基準法第6条の3に規定する特定構造計算基準及び特定増改築構造計算基準についての構造計算適合性判定行っています。

平成31年4月1日より特定行政庁が建築主の建築基準法第18条第2項の通知に係る建築物(ただし、建築主が宮城県である場合を除く)の構造計算適合性判定が可能になりました。

また、平成25年10月1日から、任意の構造計算適合性判定業務を開始しました。建築基準法で定められている構造計算適合性判定の有無に係わらず、ご依頼の建築物について、建築基準法と同様の手法で構造計算適合性判定を行います。

定款・規程

受付場所・申請方法

本部

〒980-0011
仙台市青葉区上杉一丁目1-20 ふるさとビル6階

TEL:022-262-3717
FAX:022-213-2789


申請は下記のいずれかで行ってください。

受付時間帯

営業日

月曜日〜金曜日

祝日、年末年始及び夏季休業日を除く

営業時間

8:30〜17:15

業務地域

宮城県全域、ただし(任意)構造計算適合性判定を除く

業務範囲

構造計算適合性判定を必要とする全ての建築物。ただし、建築主が宮城県である建築基準法第18条第2項の通知に係る建築物を除く。

事前相談

事前相談を実施しております。お気軽にご相談ください。

業務フロー・手続き

必要書類

  • 構造判定連絡(事前審査受付時のみ)
  • 構造計算適合性判定申請書若しくは計画変更構造計算適合性判定申請書(※1) 記載注意事項はこちら
  • 委任状(建築主が代理者申請の場合)(正本のみ)
  • 建築計画概要書 【施行規則第3号様式】(正本のみ)確認申請書の写しで可
  • 「構造計算によって建築物の安全性を確かめた旨の証明書」の写し(※2)
  • 意匠図(施行規則第1条の3 表1の図書)(※3)
  • 構造図
  • 構造計算書 
  • (高さ13mを超える建築物は、帳壁の構造計算書(帳壁にガラスを使用する場合は、ガラスの安全確認の構造計算書を含む))
  • 地盤概要等(※4)

※1)特定行政庁の計画通知の場合は、建築基準法第18条第4項の規定による計画通知書、若しくは建築基準法第18条第4項の規定による計画変更通知書

※2)【建築士法施行規則第4号の2書式】の写し。ただし、構造設計一級建築士の関与が必要な建築物を除く(建築士法第20条第2項)

※3)付近見取図、配置図、各階平面図、床面積求積図、2面以上の立面図、断面図、地盤面算定表、仕上表(外部・内部)

※4)ボーリング位置図、(設計GLとKBMの関係が分かる)ボーリング柱状図、液状化判定結果、室内試験を行っている場合は各種試験結果等)

◎ 構造判定連絡票は、ご担当者の連絡先及び本申請時の申請手数料ご請求先を事前にお知らせいただくシートです。
申請手数料は、本申請前に郵送で請求書をお送りします。原則として銀行振込としていますが、窓口で現金取扱いも行っています 

業務のフロー

構造計算適合性判定申請は、平成27年6月より、申請者様が構造計算適合性判定機関等へ直接申請を行う事になりました。

事前審査から本申請に係る業務のフローは、下記のPDFをご覧ください。

◎追記事項

  • 事前審査受付で紙面でのご提出時は、1部お預かりします。
  • 事前審査受付(WEB受付、窓口受付または郵送受付)後、事前審査を行い、質疑事項を電子メール等でお知らせします。
  • 質疑事項の回答・補正の確認等の協議については、電子メール等でのやり取りが可能です。
  • 事前審査が完了後、本申請図書を正副各1部ご提出いただきます。

手数料・料金

構造計算適合性判定申請手数料および任意の構造計算適合性判定申請手数料
 床面積の合計構造計算が大臣認定プログラム
によって行われたもの(円)
構造計算が左記以外の方法で行われたもの(円)
1,000m²以内のもの136,000176,000
1,000m²を超え、2,000m²以内のもの156,000236,000
2,000m²を超え、10,000m²以内のもの176,000266,000
10,000m²を超え、50,000m²以内のもの216,000356,000
50,000m²を超えるもの356,000636,000
  1. 申請又は通知に係わる棟の二以上の部分が令第36条の4に規定するエキスパンションジョイントその他の相互に応力を伝えない構造方法のみで接している場合は、当該棟の部分をそれぞれ別の棟とみなし算定いたします。
  2. 申請又は通知に係わる棟が増築され、既存の棟と一体の構造となる場合においては、当該申請又は通知に係わる棟の床面積と当該既存の棟の床面積を合計した面積を上表の床面積の合計とみなします。
  3. 計画変更に係わる手数料については、申請時の棟毎の床面積と同様とします。
  4. 判定手数料は、宮城県条例で定められており、当センターが宮城県より指定構造計算適合性判定機関の委任を受けるにあたり、指定されている金額です。
  5. 任意の構造計算適合性判定申請手数料は、表の金額に消費税10%が加算された金額となります。

手数料の納入方法

申請手数料は、原則として指定口座にお振込みとなります。窓口での現金支払いも扱っております。
事前審査が完了時期を目途に、申請手数料の請求書を構造判定連絡票で指定された方に郵送いたします。

当業務の様式のダウンロード

よくある質問

事前相談は可能ですか?
随時相談を行っております。お気軽にご相談ください。
郵送による申請は可能ですか?
可能です。宛先を「構造判定室」と記載してお送りください。
電子データによる申請は可能ですか?
仮受付時の申請図書は電子データで提出ができます。(Web申請と呼んでいます。)
ただし、本受付は、紙面による申請図書を正副提出していただきます。(構造適判に対する電子申請は現在対応しておりません)
申請手数料の支払いは、どのタイミングですか?
事前審査・協議中に、ご指定の連絡先へ申請手数料請求書を郵送します。申請手数料は、原則として指定口座にお振込みいただきます。(現金でのお支払いも扱っております)。
申請手数料の支払いが施主の都合で遅くなる場合は、適合判定通知書を先に交付することは可能ですか。
全ての審査が完了している場合においても、申請手数料のお振込みの確認ができない場合は、適合判定通知書の交付を行っておりません。お急ぎの場合は、お振込みの領収書等をメールやFAX等でご連絡いただくことで、至急対応いたします。
設計の変更(計画変更申請)を行う場合、どのような手続きが必要ですか?
原則として、新規の申請と変わりません。申請書のみ計画変更構造計算適合性判定申請書、計画通知の場合は、建築基準法第18条第4項の規定による計画変更通知書を添付して提出してください。
計画変更の申請手数料は、割引制度がありますか。
計画変更申請の申請手数料は、計画変更申請書に記載の延べ面積に応じて、手数料・料金表に該当する金額となります。減額等の措置はありません。ご了承ください。
なお、申請手数料は、宮城県条例に従って決定されております。

お問い合わせ

当業務へのお問い合わせはコチラよりお願いいたします。

メモ:ko_zo_hantei@mkj.or.jp へ通知が届きます【このメモは公開時に非表示になります】

会社名および部署名
お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】
お問い合せ内容【必須】
 
個人情報の取り扱いについて
「一般財団法人宮城県建築住宅センターホームページ」では、個人情報の収集・利用・管理について、「一般財団法人宮城県建築住宅センター個人情報保護規程」に基づき、適切に取り扱います。 皆様から提供(登録)いただいた個人情報は、あらかじめ特定した利用目的の範囲内で利用いたします。個人情報の利用目的以外の目的の利用及び提供は、「一般財団法人宮城県建築住宅センター個人情報保護規程」で定める場合を除き一切いたしません。