NICE みやすまオンライン(電子・WEB申請)

NICE みやすまオンライン(電子・WEB申請)

NICEみやすまオンラインログイン

「NICEみやすまオンライン」の特徴

新システムはWEB申請に加え、新たに電子申請が利用できるインターネット申請システムです。

また、システム内で確認申請書の他、概要書、工事届、委任状、現地調査票等の申請書以外の帳票を作成することが出来る便利なシステムとなっています。さらに、従来のICBAの確認申請プログラム(申プロ)の読み込みにも対応しています。

WEB申請

従来の紙面による事前審査を、インターネット(WEB)を用いて行う申請方法です。補正等が完了した電子文書については紙に印刷し、持参もしくは郵送にて本申請を行います。 

電子申請

すべて電子文書にて確認申請を行う申請方法です。上記のWEB申請で補正が完了した申請図書等に電子署名をすることで、紙面での提出や図書への押印が不要になります。

「NICEみやすまオンライン」利用者登録について

  1. 下記「NICEみやすまオンライン」利用規約をご理解いただいた上、下記「利用者登録」のボタンより、利用者登録を行ってください。
  2. お申込みフォームに必要事項を入力ください。その後、入力したメールアドレスにログインIDが送られてきます。
  3. 「NICEみやすまオンライン」の専用サイトより送られてきたログインIDと登録時にご指定いただいたパスワードを入力ください。

登録内容を確認後に登録いただいたメールアドレスへIDのご連絡をさせていただきます。

申請対象、動作推奨環境

  • 申請対象:確認申請(第6条第1項第4号建築物に限る)、構造計算適合性判定、設計住宅性能評価
  • 動作推奨環境:OS Windows 8 / 8.1 / 10
  • ブラウザ Internet Explorer 8 / 9 / 10 / 11 、Google Chrome

「NICEみやすまオンライン」の利用方法(マニュアル)

電子申請の利用方法

確認申請等を電子申請で本申請する場合は、印鑑による押印に代わり電子署名(電子印IDとPINコード)の入力となります。

みやすまポイントの割増について

電子申請開始にあたり、ポイントの割増を行っております。詳しくはこちらを参照してください。

お問い合わせ

・NICEみやすまオンライン関係:建築確認課

 TEL:022-262-0401

 E-mail:kakunin@mkj.or.jp

・電子証明書関係:事業管理課

 TEL:022-262-1541

 E-mail:gyoumu@mkj.or.jp

よくある質問

NICEみやすまオンラインは電子申請のみの取り扱いなのですか?
旧みやすまオンラインで取り扱っていたweb申請も取り扱っております。
NICEみやすまオンラインでは従来のweb申請又は電子申請を任意で選ぶことができますので、やりやすい方法をお選びください。
web申請と電子申請の違いがよくわかりません...
web申請は事前審査を電子文書で行い、本申請については紙での提出とする申請です。
電子申請は事前審査から本申請までペーパーレスで、すべて電子文書とする申請です。
本申請を紙で行うか電子で行うかの違いとなります。
確認申請を電子申請で行う場合、電子署名は誰のものが必要となりますか?
紙による申請の場合に押印が必要な方全員の署名が必要です。
具体的には、確認申請書1面の「申請者」、「設計者」及び設計図書の「設計者」の署名が必要になります。
※設計者が複数の場合、全員の署名が必要です。
申請者を代理者とし、代理者=設計者とすることで設計者のみの署名とすることができます。
(確認済証に記載される名称は確認申請書2面の建築主であるため、申請者が代理者であっても確認済証には建築主名が記載されます。)
電子申請の場合、確認済証、中間検査合格証、検査済証はどのように交付されますか?
確認済証等については紙での交付となります。
電子申請の場合、副本はどうなりますか?
電子署名を利用した確認申請の場合の副本は、電子署名が付与された「電子文書」自体が副本であり、正本でもあります。
確認済証や検査済証は紙面で交付しますが、申請書や設計図書の副本は紙面では残りません。
副本となる電子書面はセコムシステムサーバーにて法定期間(15年間)保存され、その間はシステムにログインすることで、いつでも閲覧が可能となります。
ダウンロードした確認申請書(PDF)は副本となりますが、副本を印刷した紙文書は副本の写しという扱いになります。
なお、システムから確認申請書をダウンロードできる期間は確認済証交付日から15年となりますので、その間にダウンロードしていただいた確認申請書はその時点において常に有効な電子文書となります。
中間検査又は完了検査を電子申請で行う場合、電子署名は誰のものが必要となりますか?
紙による申請の場合に押印が必要な方全員の署名が必要です。
具体的には、検査申請書1面の「申請者」、「工事監理者」の署名が必要になります。
※軽微な変更等で図面を提出する場合は「設計者」も必要です。
申請者を代理者とし、代理者=工事監理者とすることで工事監理者のみの署名とすることができます。
(中間検査合格証及び検査済証に記載される名称は検査申請書2面の建築主であるため、申請者が代理者であっても中間検査合格証及び検査済証には建築主名が記載されます。)
上記の質問の他、わからないことがあるのですが...
NICE みやすまオンライン及び電子署名などについてまとめたQ&Aをご覧ください。また、利用フローもご確認ください。

お問い合わせ

当ページについてのお問い合わせはコチラよりお願いいたします。

メモ:gyoumu@mkj.or.jp へ通知が届きます【このメモは公開時に非表示になります】

会社名および部署名
お名前【必須】
メールアドレス【必須】
電話番号【必須】
お問い合せ内容【必須】
 
個人情報の取り扱いについて
「一般財団法人宮城県建築住宅センターホームページ」では、個人情報の収集・利用・管理について、「一般財団法人宮城県建築住宅センター個人情報保護規程」に基づき、適切に取り扱います。 皆様から提供(登録)いただいた個人情報は、あらかじめ特定した利用目的の範囲内で利用いたします。個人情報の利用目的以外の目的の利用及び提供は、「一般財団法人宮城県建築住宅センター個人情報保護規程」で定める場合を除き一切いたしません。